« 蓋なんて無いよ | トップページ | 正直しんどい »

2007年11月19日 (月)

個性光ル

トリック劇場版2。

観たさ。さっき、テレビで。

うーん。あの脱力系のコメディは健在だな。


あの際限の無いくだらなさ。

しかし決して捨て置けないメッセージ性(あるのか?)。

何だろうなー。何か、好きなんだよなぁ。


仲間由紀恵は… ハッキリ言って、大根だよね。

でもねぇ。この作品に関しての彼女は、これで良いのよ。

むしろ、あのキャラだからこそ可愛いんだ。

漫画っぽさ、というのか。ある意味で天性ではないかと。


彼女のことは「ごくせん」でブレイクした時から好きだ。

同時に、「なんつー芋役者なんだ」と感嘆もした。

演じるキャラがどれも独特よね。

そしてトレードマークでもある真っ黒な長髪。

美しい。あの髪は、非常に美しいと思う。良いよ。



……。

ま、髪フェチによる髪の論議は不毛なので…

置いといて、と。


そう、「トリック」。

好き嫌いは綺麗に分かれる作品だろうね。

ギャグ要素も、ミステリー要素も、どれも中途半端だから。

ハイクオリティを求める人が観ても駄作にしか映らないと思う。
(某ジャニの吾郎氏も酷評してたしなぁ…)


私は「トリック」が好き。

然るに、かく言う私自身、何を魅力に感じてるのか判らない。


強いて挙げれば、雰囲気かな?

堤監督作品の独特の雰囲気に惹かれてるのかも。


先述したけど、どのストーリー的要素も突き抜けてない。

ギャグも、ミステリーも、アクションも、シリアスも。

これって、テーマが一貫してない駄作にも見えるけど、

視点を変えると、もしかしたらその浅さが狙いなのかも、と。


「スシ王子」とかもそうだった気がするんだけど…

ラストは「終わり!」って感じでスパッと終わるんだ。

でもね。観てた方は、何だか釈然としないものが残る。

主人公側は良いオチがついて、平和になったりするけど、

必ず他の何かがどこかでバッドエンドを迎えてる。

その表現が結構露骨なのよ。だから凄く後味が悪くて。


逆に、その効果で妙に作品としての存在感を残す。

ただでさえ、超個性的な色を持った堤監督作品。

そりゃあ一度観たら、忘れられないわなぁ。


…といったところで。

織田裕二が時代劇に出演することをCMで知り、

少なからず驚愕しているまのさんでした。
(織田裕二出演作品は大好物でございます)

|

« 蓋なんて無いよ | トップページ | 正直しんどい »

まのびゅー」カテゴリの記事

コメント

またまた 遊びにきたなり!!
へへへ
そっか だから 踊る大走査線コート
着てたんだ!!
そかそか ゆうじ好きか!!

明日もがんばろ!
まなこ 今日も
可愛い髪飾りしてたな ちきしょ
にゃは 
また明日ね♪

投稿: 夏子 | 2007年11月20日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155675/8992002

この記事へのトラックバック一覧です: 個性光ル:

« 蓋なんて無いよ | トップページ | 正直しんどい »